『どんな行為よりも気持ち良いコンドーム』を開発する事

コンドームは言わずとしれたエイズ予防に効果的な方法です。

これ、僕が中学生くらいの時からずっと言ってましたね。芸能人を使った大規模なキャンペーンなどもやっていました。

実はエイズ発症は今若い女性に増えているといいます。

こんなニュースが飛び込んできました。

感染者のほとんどがゲイだから問題視しないというのは甘すぎます。ゲイの中にも異性と結婚している人だっているし、バイセクシュアルの人もいます。触れたくないでは済まされない問題ですよね。

他の性病も、あらゆる粘膜から入ってくるということなので、これはコンドームだけでは防ぎきれません。

とはいえ、コンドームを付けなければ、病気以外にも望まない妊娠の可能性が上がるのは間違いありません。

やっぱりコンドームは大事なポジションにあります。

『どんな行為よりも気持ち良くて安全なコンドーム』

これが開発されれば病気も妊娠のリスクもグッと減るはずです。

僕は、コンドーム先進国である日本の企業が多くの人を救うことが出来るんじゃないかと思ってます。

今現在は、オカモトゼロワンサガミオリジナルの001がこれに該当するのではないかと思っています。個人的には不二ラテックスのSKYNが1番です。

0.01mmのコンドームは薄さも熱の伝導率も本当にスゴイのですが、それでもやはり付けているのと付けていないのとではまだまだ雲泥の差があります。

新しい技術が生まれ、気持ち良く安全なコンドームの開発を期待しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする