ビニール袋で避妊するとめちゃくちゃ痛いので絶対にマネするな

コンドームブロガーのヒラノです。

さきほど、衝撃のニュースが飛び込んできました。

初体験でコンドームの代わりにビニール袋で避妊を試みた若いカップルが下腹部の痛みをうったえて入院するという珍事件がベトナムのハノイ市で発生した。英デイリー・メールなどが報じている。

まじか。って思いましたね。

コンドームを使わず、ビニール袋で避妊するなんて初めて聞きました。

下腹部の痛みとか、、、想像するだけで辛い話です。恐怖でタマがひゅんひゅんします。。。

コンドームを購入するのが恥ずかしいというのが問題

お金がなくて買えないならまだしも、恥ずかしくて買えないというのが問題ですよね。

2014年にハノイ医科大学およびハノイ医療専門学校の研究グループが市内の大学と専門学校の学生2700人を対象に行った避妊知識の調査では、殆どがコンドームによる避妊方法を知っていたものの、購入が恥ずかしいと答えていた。

社会的全体の羞恥心が強いとかそういったことが今回の事件には関係しています。そもそも個人主義や主張の強い地域ならこんな問題は出なかったでしょう。

このままでは若い人の健康被害は止まりませんよ。感染症などが広まる前に、せめて自動販売機などでコンドームを気軽に買えるような対策を講じて欲しいものです。

手に入れるのが難しい学生さん達には、この辺の安価なコンドームを配布したりってのもありかもしれません。

日本ではコンドームはドラッグストアでもコンビニでも売ってるし、Amazonでも買えるし、買うのが恥ずかしいというのは最近では無いと思います。

花粉症のマスクやサプリメントなどと一緒で健康に直結してるものですから、本来は恥ずかしいなんて思わなくていいんですけどね。

それでもどうしても羞恥心に負けて購入できない人は、コンドーム通販のLOVE MART!などの専門店から匿名で買うこともできます。

コンドームを買うのが恥ずかしくて病気になったり望まない妊娠が少しでも減るように、未来のコンドーム事情を変えていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする