【コンドームニュース】ゆるキャラジミー・ハットリとSKYNBUN

コンドーム忍者、参上!!

とばかりに、ツイッターでコンドームを啓蒙するキャラがいた。

ジミー・ハットリ

12月1日は世界エイズデーってことで、新しいゆるキャラが登場した模様です。

若者にはコンドームを手渡し、「かわいい!」と駆け寄ってきた親子とは記念撮影。幼児を連れた母親は、少し戸惑いながらも「大事なことですから……」。

コンドームのゆるキャラって思いつかなかった、、、斜め上を攻めてますね。

それにしても、子供にヘルスケアをはっきり教えないとはどういうことだと声を大にして言いたい。そんなんだから健康被害はどんどん増えてしまうのですよ。

特に日本は性的な教育について親が放棄しすぎなので、普通に学問として教えるべき。

ちなみにゆるキャラグランプリでは698位という微妙な人気。チョット票が入っちゃってるところがいいなと思いましたね。

イソプレンラバー素材のSKYN・新聞を出す

SKYNBUN

以前、僕もレビューしました不二ラテックスのSKYNコンドームがWeb新聞を出しました。

デザインがこんな感じでなかなか完成度が高い!!

SKYNBUN

コンドームってもっとこんな感じで、お洒落とかファッションとかとコラボすべきだと個人的に考えてます。

コンドームには悪印象があるのか、どうしてもデザインや打ち出し方がダサくなっちゃうのがコンドーム業界。

SKYNBUNがブレイクスルーになって今後は企業コラボとかどんどんやってほしいなというところです。

ぽこたての”絶対にイカせる男”でおなじみ『新宿2丁目コレステロールのタクヤさん』もばっちり記事に登場してます。

SKYNBUN

いくつか読んでみたところ、なかなか洗練されてて読みやすかったです。

料理と一緒で、 アレも最後のスパイスは愛情なのよ。上手かろうが下手だろうが、大切なのは「愛すること」ね。

タクヤさん、さすがっす。

SKYNはコンドーム全体のイメージを変えようとしてますね。

不二ラテックス、優良企業です。

日本のコンドーム界がもっともっとオープンなものになるよう、僕も日々レビューを続けようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする