【動画あり】サガミオリジナルに0.01mmコンドームについて電話で問い合わせてみた

コンドームを実証する男、ヒラノです。

先日とある会社さんに電話をさせていただきました。

その会社は『相模ゴム工業株式会社』

通称サガミです。

ドラッグストアの衛生用品コーナーへ行けば否が応でも眼に飛び込んでくる、サガミオリジナルコンドームのサガミ。

言わずと知れた0.01mmクラスのコンドームでは、オカモトと並んで国内最薄級コンドームを開発した日本が世界に誇る会社です。

このサガミのコンドーム、僕は十数年ほど前から愛好していました。薄さでいえば現在は0.02mmなんか当たり前の時代です。しかし当時はまだせいぜい0.03mmくらいでした。

でも、そんな時代にサガミは違う意味でスゴいコンドームを発明したんです。

ゴムじゃないコンドーム。それはまるで黒船だった

当時はコンドームといえばラテックス製、つまりゴムが原料の製品が当たり前でした。

そんな中、この産まれて間もないサガミの製品は、ゴムではなく熱伝導率の良い新素材を使用していました。そのおかげで厚みがあるにもかかわらずあたたかみが伝わるんです。ゴム臭さが無かったのも衝撃でした。まさに黒船来航。

そういう良さや使用の感動があり、値段が高いにもかかわらず、少ない給料からコンドーム代を捻出し頑張って買っていたわけです。少なくとも月に数千円は使ってました。

だから僕がコンドームを語るには、どうしてもこのサガミオリジナルの0.01mmのコンドームをレビューしなくてはなりません。これは決して避けて通れない道なのです。

しかし、期待の新商品であるサガミオリジナルの001は2015年の6月からずっと発売が停止していました。予想外の人気で工場の生産が間に合わず、仕方なく自粛していたとのこと。

それでも僕はずっと試してみたかった。僕が試さなければ誰がレビューするのだ?そんな思いがありました。

そしてある日、サガミのプレスリリースで発見してしまったのです。

sdvfsdvgsdvsd

え?発売再開のお知らせ!?

僕は、そのPDFを震える手で開きました。すると、

dsgsdgsd

2015 年 6 月に販売を一時休止した「サガミオリジナル 001」を、2016 年 5 月 23 日よりメーカー出荷を再開いたします。

『再開』という二文字。そのお知らせは僕にとっては砂漠のオアシスにしか見えませんでした。

そうだ、モニターになろう。

出荷を再開できるということは、既に商品の製造は出来ているはずだ。コンドームのモニターになれば、誰よりも早く試供品を貰えるかもしれない。一般発売を待つことなく情報を発信出来る。

そう思った僕はサガミさんに電話することにしました。

今回の目的は『再販する0.01mmコンドームである001のモニターになる』ということ。

モニターにさせてもらうために、製造元の会社に電話したのです。

サガミオリジナルに0.01mmについて、実際に電話してみた

サガミさんに電話で問い合わせた模様を動画に撮りましたので、ご覧下さい。

これまでの経緯と、このブログのPVや現状などを担当の方に聞いていただきました。

結果ですが、実際にモニターになることは叶いませんでした。本当に悔しいです。

でも、「今後何か提案があれば連絡をします」というありがたいお返事をいただけたので、可能性は全くのゼロというわけではない。

僕はまた新しいコンドームの世界を切り開こう、そう心に誓いました。

突然電話したにもかかわらず、応対していただいた担当の方の丁寧なやり取りに、さすが信頼のおける商品を作っているメーカーだな、という印象を受けました。

貴重な時間をいただき本当にありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする