【レビュー】オカモトゼロワンのLサイズが異次元の気持ちよさだった

コンドームブロガーのヒラノです。

独断と偏見で決めたコンドームの暫定1位がサガミオリジナルの001、そして時点でオカモトのゼロワンSKYNが同位にいる状況です。

そんな中、未レビューだったオカモトのLサイズを購入しました。

前回やったオカモトゼロワンのレギュラーサイズである【体験レビュー】オカモト0.01mmを試してみたらすごかった!のレビュー記事も参考にしていただければと思います。

この記事では、普通のオカモトゼロワンのサイズを『レギュラー』、ラージサイズを『Lサイズ』と表記いたします。

オカモトゼロワン Lサイズ・開封!

とにかく開封してみましょう。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

『赤いから3倍気持ち良い』

パッケージからそんな風格さえ漂わっています。

裏面には確かに『サイズ ラージ』と記載されていました。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

こちらが中身です。ゴールドとブラックの高級感がハンパじゃない。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

たまたまキャンペーン中でした。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューしたオカモトゼロワンラージサイズをレビューした

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

1個手にとってみましょう。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

目立つ色で『男性側』の記載があるので、初めて装着する方や暗い場所でも安心です。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

パッケージから出してみました。こちらが出して何もしてない状態です。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

ポチッとな。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

透明感から薄さが伝わってきます。さすが0.01mm。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

入り口側から。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

薄さチェック。お分かりいただけるだろうか。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

ラテックス系のコンドームとは違い、止めの部分はポリウレタンがよじってあります。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

オカモトゼロワン Lサイズの計測をしてみた

平置き状態で長さは17.5cmくらい。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

幅は37〜38mm程度。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

先端はサイズ、形状ともに標準的。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

軽く空気を入れ、膨らませた後の様子です。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

番外編:今回の『コン拓』はこちら。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

先端部分が色濃く、非常に良いシルエットを醸し出しておりました。

オカモトゼロワン Lサイズの装着感はスルッと軽快

今回購入したオカモトゼロワン Lサイズは装着感が軽快でかなり良い感じでした。

前回、レギュラーサイズのゼロワンを装着して思ったのは、『ギシギシとしたイヤな感じ』です。

普段通りにつけようとしても硬くて、頭の部分で引っかかってしまいなかなか完全に装着できないという物でした。

しまいには装着ができないまま入り口付近でコンドーム同士が重なって噛んでしまい、全く使い物にならなくなることも、、、。

が、今回はそのようなことは全く無く、ムードを壊すような時間は一切かからずに「スルッ」と装着することができました。まるでその場にウナギでも居座っているかのごとくスムーズでした。

しかも、ヘンに締め付けることもなく、ズレる感じもありませんでした。こいつ、やっぱりスゲエ。。。

生の感覚を100%としたらゼロワンのLサイズは85%〜90%くらいはあるでしょう。そのくらい生感のあるコンドームです。

素材的にはレギュラーサイズのゼロワンと同じはずですが、サイズを変更するだけでここまで気持ちよさが変わるとは思っていませんでした。

正直、レビューするまでは、「装着が少ししやすい程度で気持ち良さは一緒だろう」とタカをくくっていました。

はっきりいいましょう。このコンドームが今まで使った中で1番気持ちいいです。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

ただし、サガミオリジナルのLサイズはまだ試していません。サガミの到着次第でまた1位の座は変わってくるのではないかと考えています。

僕のように、ポリウレタン系のコンドームを試してみたけどただキツいだけで全然気持ちよくなかった!!って方に是非試してみていただきたいです。800円程度で幸せが3割増になります。120%保証します。

オカモトゼロワンはやはりゼリーの質が良い

前回もそうだったんですが、オカモトゼロワンに使われている潤滑ゼリーはムダに伸びたりせず、スッと馴染んでくれます。

そのため、挿入もスムーズにこなすことができました。

ここで引っかかりを感じるようだとやはり「二流のコンドームだな」と思ってしまいます。

潤滑ゼリーの塗布範囲は先端から約5.5cmほどの位置まで来ていました。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

先端のみですと途中でひっかかりを感じますが、5.5cmもあれば十分役割を果たしてくれます。

温もりをより感じられるようになった

レギュラーサイズでそこまで実感できなかった温もりを、ラージサイズでは強く感じることができました。

キツめの装着感、締め付けから温もりの感じ方に影響があるのではないかと考えられます。

もしかしたら、キツすぎると温度を感じにくくなるのかもしれません。その場合はポリウレタン系のコンドームのメリットが激減してしまうため、今回のようにラージサイズを使うことで温もり感をアップさせることができます。

やはり、感度に対しての温もりの影響は大きいです。

オカモトゼロワン Lサイズの欠点

行為が終わり、若干萎んだ状態で外したのですが、あまりにもスッと抜けすぎてしまってちょっと怖かったです。

行為の最中にゆるさを感じたり抜けるようなことはありませんでしたが、抜こうとした時はスッと抜ける感じでした。

良いと言えばいいんですが、不安に感じられる方もいるかもしれません。

少なくとも僕のサイズではそんな感じの印象でした。

ただ、そのくらいのフィット感だから気持ちよさをしっかり感じることができたのかもしれません。

コンドーム全体に言えることなんですが、締め付けがキツすぎると血流を妨げられ、感度が下がるような気がします。

安全性が1番なので、もし抜けるようなことがあったら使用を辞めたほうがいいです。

その場合はレギュラーサイズに変更して様子を見るのがベストです。

それと、もう一つ。強度的に弱い部分がありました。

それがこちらの根本の部分です。

オカモトゼロワンラージサイズをレビューした

サイズ計測のために空気を入れて縛ろうとしたところ、やや強い力をかけたら破れてしまいました。

根本部分なので、通常の使用では同じくらいの力がかかることはありませんが、他のコンドームでは破れたことがなかったので念のため記載しておきます。

ちなみに、通常使用で破れた事は一度もありません。

結論・超気持ち良いが1回300円かかる

激安の部類である業務用コンドームが1個9〜15円程度する中、オカモトゼロワンは強気の300円弱です。

はっきりいって超高級です。ただ、特別なイベント日の時に使うのにはいいのではないかと思います。

気持ちよさはこれまで使った中でベストです。サイズ的にレギュラーサイズでキツさを感じない方はレギュラーを選ぶようにして下さい。

コンドームブロガーの僕でも1回300円弱は頻繁に出せるものではないので、ここぞという時に使おうかと思います。

以上、オカモトゼロワンのLサイズが異次元の気持ちよさだったでした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする