不二ラテックスのコンドームをまとめました

世界初コンドームブロガーのヒラノです。

2014年に驚きの新素材であるiRのコンドームを打ち出してきた不二ラテックス。僕もお世話になっています。

素肌みたいな感覚の超スゴいSKYNを作った不二ラテックスですが、案外コンドームメーカーとしてはまだまだこれからな雰囲気なんですよね。

不二ラテックスが次世代のコンドーム時代をリードしていくのでは?

そう考えていて、不二ラテックスのコンドームのラインナップを改めて調べてみました。

不二ラテックスのコンドーム1番手 キューティー

最近多くなってきた、女性向けデザインのコンドームです。

ホットゼリーとうるおいゼリーを多めに配合したそれぞれのラインナップがあります。

バラフライシリーズが派手でゴージャスなのに対して、不二ラテックスのキューティーはイメージとしてはソフトな印象でしょうか。

寝室にあっても馴染んでくれそうです。

不二ラテックスのコンドーム2番手 ミチコロンドンコシノ 500

低価格帯のスタンダードなコンドームです。

いわゆるコンビニなどで購入できるランクのものになりますね。

パッケージがロックな雰囲気です。

不二ラテックスのコンドーム3番手 ミチコロンドンコシノ アクア

低タンパク素材で水溶性ゼリーを使っているので、安全性の高いコンドームです。

パッケージがこれでもかというほどにお洒落。コチラは実際にレビューしてみたくなる素材とゼリーです。

不二ラテックスのコンドーム4番手 SKYN

こちらは言わずと知れたSKYNですね。

公式からはラグジュアリーコンドームとして販売されています。

このコンドームは薄さは普通なんですけど、肌にめちゃくちゃ密着してくれるんですよね。

使用感について詳しくはレビューに書いているので、詳細を知りたい方はコチラの記事をご覧下さい。

僕のSKYNのレビューはコチラから!

ザ・ベストシリーズ

不二ラテックスのコンドーム5番手 ザ・ベストコンドーム ピンク(ストレートM)

こちらは男性娯楽誌「ザ・ベスト」とのコラボレーションブランドです。

うるおい度☆5つと評された、ゼリーが350mg配合されたコンドームです。

不二ラテックスのコンドーム6番手 ザ・ベストコンドーム ブラック(粒状リンクル)

つぶつぶが494個、更に立体リング14本という、外部にギミックの施されたタイプのコンドーム。

女性への刺激が高めのタイプとなっております。

不二ラテックスのコンドーム7番手 ザ・ベストコンドーム ストロング

0.1mmという極厚コンドームです。

最近は男性の長時間プレイ、タフネスを推すコンドームが大変多くなっていますよね。

他社の対抗馬としてはオカモトのこのあたりでしょうか?

『ゴクアツ』は極厚コンドームの代名詞みたいなところがありますよね。

サガミも負けじと厚い商品を出してきています。

赤いパッケージだけに3倍長持ち・・・?したらいいなあ。

2017年のコンドーム市場どうなる?

2016年は海外から耐久性のあるハニカム構造のコンドームなんかも登場しました。

キーワードとしては、

『新素材』『超厚いロングプレイモデル』『女性が気持ちいい』

このあたりが焦点になってきそうです。

不二ラテックスは新素材iRのニューコンドームをリリースするか?

オカモトとサガミは薄さではひとしきりのバトルを繰り広げ終えました。

しばらくは『薄さ勝負』という面では膠着状態になるでしょうね。

そうなると、SKYNのような素材自体の気持ちよさで勝負するコンドームが登場することになるはずです。

今のところ素材勝負では不二ラテックスのコンドームが一歩リードしていますね。

こうしたことから、2017年は不二ラテックスからSKYN以外のiR素材のコンドームがリリースされることが予想できます。

オカモトとサガミも負けじと薄さではなく新素材のコンドーム開発をしてくれることを願っています。特にオカモトはガンバレ!

2017年のコンドーム市場がどうなるか楽しみです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする